FC2ブログ
Loading…

こんなぼんやりした料理w

Posted by ころーにゅ on 23.2019 木村拓哉   0 comments   0 trackback
グランメゾン東京の第10話、またまた意外な展開を見せてくれました!
尾花「祥平、グランメゾンに来い」
祥平「いえ、迷惑をかけるのでいけません」
尾花「正直に話して詫びるなら、今しかないぞ」
ということで店にやってきて頭を深々と下げて謝罪する祥平。
ここまでは想像できたけど、
祥平「ナッツオイルをかけたミスの責任を痛感してるので、フレンチやめます」
からの、尾花の壁ドン。
「もういい加減逃げんなよ」と。
なんと静かな凄みのあるひきとめ方!
で、ここで驚いたのが、京野さんが料理をしたこと。
なんと素晴らしい尾花と京野の連携プレイ。
京野が過去に料理を諦めた経緯を知る尾花は、心底驚いていたが。
鹿肉の火入れ具合もバッチリの、美しい「本州鹿ロースのパイ包み」が出来上がって、
それを食べた祥平に、京野が本音でぶつかって。
…祥平をグランメゾンに入れるかどうか、という局面で飛び出したのが、
倫子さんの「京野さんがわざわざこんなぼんやりした料理まで作ってくれたのに」という発言。
いやーびっくりしました!!
そのあと、さすがの尾花も「まあまあってことじゃないの」と京野をなだめる始末…
楽しいシーンだったなぁ^^




関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/923-fe2df759

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR