FC2ブログ
Loading…

A LIFE第3話

Posted by ころーにゅ on 01.2017 木村拓哉   0 comments   0 trackback
深冬の目覚めが描かれた第3話、とても見応えがあった。
時短で帰ることに引け目を感じていたことなど、なるほどな、と納得できた。
沖田先生が、深冬先生の肩を掴んで、患者のために最善を考えたオペの図があるホワイトボードに向き合わせたシーン、みごとだったなぁ。
目の前の命を救うために全力を尽くす。
それが、医者の本分だ、と。
沖田先生の軸足はそこにあって、けっしてぶれないことが、
第3話ではっきりした。
ホワイトボードを見つめる深冬の後頭部を見つめる沖田の表情が、
とても見事だった。
自分も医師として、深冬の脳にメスを入れなければならない…
沖田の苦悩が伝わってきた。

そして、全体を通して、最も見応えがあるのは、やはり壮大と沖田のシーンだ。
迫る壮大に対峙する沖田。
二人の芝居にしびれる。

しかも、沖田先生は、かわいい。
宿直で呼び出され、ベッドから転がり落ちて起きたりして。
その直後、病室に駆けつけると、
患者の女の子に、「痛かったら、ぎゅーってして」と、自分の指を握らせるのだ。
なんてすてきなお医者さんなんだろう。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/856-132e4f3f

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR