Loading…

スポンサーサイト

Posted by ころーにゅ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

っきゅん

Posted by ころーにゅ on 16.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
うわ、木村くん本人が「たっきゅん」とか「お髭っきゅん」と言わされてしまうとは。
髭と「っきゅん」て、テイストが合わないのになぁ。
木村くんも戸惑ってましたよね…昨日のワッツでは。
でも、「エロっきゅん」て自分から言っちゃった木村くんの声が聞けたから、いいかw
「っきゅん」の「っ」をちゃんと表現しようとする木村くんが、律儀でかわいかった。
そういうとこ、木村くんらしいな~

木村くんらしいと言えば、リスナーからの相談に真面目に答えてるのも、そうだった。
先週も、「彼との初体験が怖くて…」という女性に対して、
「怖いと感じるのは自然なことだ、無理しなくていい、焦らなくていい。半分は彼の責任だから、1人で背負わなくていい。」と言っていた。
そうよね、相手の彼が無理強いするような人じゃないといいな、と思った。

今週のワッツでも「もう21才なのに、学生だから、と言って彼とのお泊まり旅行を親に反対された」というリスナーの話を、
真剣にかんがえてたな~
親の気持ちも、リスナーの「リーポン」の気持ちも分かる、と。
もし、自分がリーポンだったら、行きたい。
でも、両親の、いろいろ考えて心配する気持ちも分かる。
結論は、「彼の人となりがリーポンの両親にも分かり、リーポン本人と彼とで、お泊まりすることの結果に責任もてるなら、いいのでは?」という、とても真面目なものだった。
「彼が(どういう人かが)大事だよね」と。
木村くんて、男の責任を大事にしてるよね。

24才の女性の「仕事とは?」という問いにも、
単なる遊びの延長、という考え方だと、結果への責任感が薄くなる、と答えてた。
木村くん自身が24才だった頃のことを思い出すと、
目の前にあることが楽しいし、刺激的だったし、やってもやってもうまくいかなくて、必死にやっていた。
仕事だから、ということではなくて、好きなことを夢中になってやっていた。
自分の仕事を「天職だ」と言った人がいる、ということについては、
「その方は、(自分の仕事が)好きだし満足してるし、かつ、追求してますよね、きっとね。」と木村くんは言っていた。
とっさに「追求してる」という言葉が出たことにはっとした。
木村くんは「追求する人」なんだろうな。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/794-55e9d893

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。