FC2ブログ
Loading…

真剣(本身)と木村拓哉

Posted by ころーにゅ on 02.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
カウントダウンライブで1月1日を迎えた2016年。
良い年になってほしいと思っていたところ、元日にしてさっそく、願いが叶った気分。
カウントダウンライブと、「さんタク」最高だった!!
まず、CDTVプレミアライブで踊るSMAPがかっこよくて。
「STAY」にぐっときて。
木村くんかっこいいよーーー!!!
あーかっこいいと思いながら眠って。
朝はお雑煮作って。
夜は、録画になってしまったけど、「さんタク」見ました。
幸せだ。
「さんタク」とてもよかった。
真剣=本身を扱うことが「スカイダイビング3本分くらい怖い」という木村くん。
「昨夜から緊張してた」と言いつつ、
羽織袴でたすき掛けの出で立ちがもう、当然のようにきまっててかっこいい。
真剣だと、ふりかぶらなくても畳おもての繊維まで斬れるんですね。
畳表を竹のような円柱状に丸めて立てたものを、
真剣で袈裟懸けに斬る→
斬られた部分が一瞬、倒れずにとどまる→
そこを返す刀で斬る。
という一瞬の技。
居合名人から「木村さんならできるでしょう」と認められ、
一言アドバイスと少しの練習で、即本番。
アナウンサーが透明アクリルの防護板の後ろから実況するほどの緊張感の中、
見事な太刀筋と速さで成功。
いやーすごい。
成功した後もブレない視線も、にくいほど見事。
真剣を鞘に収めるとき、
さんまさんが「ゆっくりとな」と、思わず声をかけていた。
愛されてるなぁ。

真剣に触れたい、と願う木村くんの思いが分かる気がして、
木村くんをずっと見てきたことが誇らしく思えた。
何も考えずに、木村拓哉の居合切りを見た。
何かに喩える必要も無く、そのまますばらしい木村拓哉でした。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/754-ea7f0771

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR