FC2ブログ
Loading…

耳かきと現場の話

Posted by ころーにゅ on 12.2015 木村拓哉   0 comments   0 trackback
録音した「わっつ」を聞いて癒されております…
耳かきを、「気持ちよくて毎日やってしまいます」というリスナーからのメールに答えて、
「奥まで入れるか入れないか」を、
Sexyボイスで語ったり。
奥まで入れる「繊細な瞬間」、ちょっと口が開いてるでしょ、という鋭い指摘をしたり。
口を開いたほうが、耳の奥のほうが開く雰囲気はあるよね、と木村くんが言ってましたが、
確かにそんな気がします。
木村くんいわく、
ライブでイヤモニを耳に「ぶち込む」とき、イヤモニをぐーっと耳に押し入れながら、
あごを何回もがくがくがくと動かす。
そうやってイヤモニを耳の中に入れていって、
「ああもうズレないな」というところで、
「よし、じゃあいこうか!」とライブをやらせてもらってる、と。
ライブの話をきくと、はっとします。
CMの撮影現場の話もありました。
ダンディーハウスのCMは、毎回海外の監督さんが「ディレクショニング」してくださる。
日本語は堪能な方で「こんなのはどうですか」といろいろプレゼンしてくれて、
それを受けて自由にやる。
「スタート」とか「カット」とかの声がとてもソフトで、
「木村さんよろしいですか?OKカメラ回りました。どうぞ」と始まって、
長回しの撮影があって、
監督がカメラのファインダーから目を外して、木村くんのほうにウインクしながら「OK」とハンドサインを出して、そのセッションは終了する。
くーっ!!いいな。
自らカメラを操作して、ダンディーハウス的に振る舞う木村拓哉をずーっと目で追い続ける。
監督さんが羨ましいw
木村くんが自由に動く、長回しの撮影が多いのは、監督からの信頼が絶大だからだよね。
台湾のCMのジョン・ウー監督も、
世界的に知られた映画を撮影なさった監督だけど、ビッグマウスなところもなく、
とてもジェントルで、いい感じの大人だった、
出演者側のことを気遣ってくださる方だったそうです。
「爆薬バーンといくのかな、と思ってた」
という発言には笑ってしまいました。
「いや、もちろん観光協会がスポンサーのCMで爆薬バーンはない」と本人もおっしゃってましたけど、
木村くん主演のドラマだと、
いきなり爆薬バーンなシーン、ありがちですもんね。
「Mr.BRAIN」も、
「南極大陸」も。
近頃の「アイムホーム」も。
現場で聞く爆裂音は、視聴者よりずっと強烈な記憶になっているんだろうな。
音に敏感で爆音に「ビクッ」としてしまう木村くんだけに。
今度の「無限の住人」は、どんな現場になるんでしょうか。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/717-8526b856

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR