FC2ブログ
Loading…

Posted by ころーにゅ on 03.2015 木村拓哉   0 comments   0 trackback
「HERO」の映画を観て、しみじみ思った。
久利生の声がいいと。
木村拓哉の深みのある声が、心と身体にしみてくる。
低い声を「出そう」としているわけでもない、久利生公平の身体から「出てくる」声。
いつも、オープニングからしばらくしないと聞けない久利生の声が、
とても魅力的だし、
そこからぐっとその世界に引き込まれていく。
今回の映画では、特に久利生から発せられる声の深みと魅力が際立っていた。
映画館の音響のせいもあるのだろうか?
コミカルで、捜査の進展などは、まるでファンタジーのような映画なのに、
ヒューマンドラマの感動もあるのは、
やはり久利生と雨宮が核になっているからだし、
二人の肉声の力も大きい。
その人そのものが声に宿ってこちらに来るような感じがする。

木村さんが、インタビューで「現場で初めて台詞を発声する」と言っていたのを思い出した。
「脚本は全部頭に入れて、木村さんは現場に来ている」と今までに何人もの共演者が言っているが、
本人は事前に声を出して「練習」することはないそうだ。
(準備の仕方は人それぞれで)、自分は事前に台詞を何度も口に出すのは「違う」と感じている、と。
久利生の声も、本人がその時その場で出したものなのだろう。
それがこちらに届いてくる。
将来ブルーレイ化されたものを観たら、微妙に違って聞こえるかもしれないなぁ。
映画館で聴けるうちにまた聴きに行きたい。

佐藤浩市の声も、「ローラン大使」の声もいいし、北川景子の声も健気な感じがあってすてき。
吉田羊さんも、また一段とうまくなってるし。
冒頭のフェロモンバリバリなシーンとかね。さすが。
キリッとしたところがある人の色気は、よけい魅力的よね。
そうそう、「HERO」チームと「恋仲」チームが対決した「ネプリーグ」で、
両方に出演している吉田羊さんに対して、みんなが「どっちなの?」と問い詰めた時、
彼女の隣にいる木村さんが低い声で「恋仲でしょ。…恋仲でしょ。…どっち?」と囁きながら迫ってたのが萌えだった。
羊さんは、
木村さんすいません。(HEROと恋仲で)「HE仲(ひーなか)」です。
と絶妙な返しをしてウケてたけど。
横から真顔で見つめて「恋仲でしょ」って迫る木村さんの、低音の囁き声がしばらく耳に残ってた。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/663-fee4a904

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR