FC2ブログ
Loading…

インタビュー

Posted by ころーにゅ on 10.2015 木村拓哉   0 comments   0 trackback
「日本映画navi」で、相田冬二さんの木村さんへのインタビューを読みました。
相田さんは、SMAPの記事や木村さんへのインタビュー記事で有名な方。
もう何回も木村さんにインタビューしているので、
信頼を得ていることもあり、
かなり突っ込んだ質問をしてくれていました。
特に興味深かったのは、
木村さんが撮影を終えてから、家路久や久利生公平はどこに行くのか?
という質問。
木村さんの中に、役は収納されていくのか?
「仕舞う」という感覚はあるのか?
と。

それに対しての答えは、「ノー」。
自分の中に収納はされない、と。

そうか。
撮影が終わると、こっちがさびしくなるくらいに、あっさりと「次」に行ってしまう彼なので、
この答えは納得できる。
一作、一作、「やりきる」木村さんらしい。
木村さんの中に残っている、主演作の誰かと心の中で対話したりすることは、ないのね…
木村さんの主観としては。

で、このインタビューのすてきなところは、
その続きがあること。
「じゃあ、演じている時がすべて。」という問いに、
役と共存している時のことを木村さんが説明してくれているのです。
木村さんらしい喩えで。
とても面白いです。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/644-89229e85

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR