FC2ブログ
Loading…

ドラマになってよかった「アイムホーム」

Posted by ころーにゅ on 25.2015 木村拓哉   0 comments   0 trackback
「葵インペリアル証券株主総会会場」というのが、
「アイムホーム」の打ち上げ会場だったのね…

香役の水野美紀さんが、
「木村さんは、台詞と台詞の間の空気をあたたかくすることのできる人」だと、
打ち上げのスピーチの中で言ってくれたらしい。
いい言葉だな…
久と、香のシーン、確かに寒々しい思いをすることはなかったなぁ。
家路久は、記憶障害になっていて、
生きてはいても、不安に包まれた毎日を過ごしていたわけだから、
そういう苦悩を描こうと思えばできた。
その方が、ドラマに説得力をもたせるにはよかったかもしれない。
でも、そうしなかったところに、
制作側の、木村拓哉への信頼が見えると思う。
不安に押しつぶされるのではなく、
とにかく自分にできることをしていこうという主人公の姿を、木村拓哉なら魅力的に見せることができるに違いないという思い。
確かにその通りだった。
のっけから、離婚した元家族の家でブラジャーにアイロンをかけるという、
とんでもない「元エリートサラリーマン」ぶりを発揮していたのに、
気づくと、そんな主人公に惹かれてた。
他の人たちも魅力的で、
ドラマの中の世界に惹かれていった。
ドラマって、いいなと思えたなぁ。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/632-0ed0da9b

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR