FC2ブログ
Loading…

佇まい

Posted by ころーにゅ on 13.2015 木村拓哉   0 comments   0 trackback
「アイムホーム」の家路久を見ていると、
木村拓哉の芝居は、いわゆる小手先のテクニックとは対極にあるんだなと思う。
例えば、山野辺とのやりとりでにじみ出る涙とか。
夜、病院の待合室で座っている久は、佇まいそのものが、その不安を物語っている。
顔の表情だけではない。
アップばかりではなく引きの画像がある演出が、はまってる。
サラリーマン役というと、
「PRICELESS」もあって、これもよかったけど、「PRICELESS」の時よりさらに芝居が進化してる。
役柄が複雑だということもあるけど。
事故に合う前の家路久と、事故後の彼では、まったく別の人格のようでもあり、
やはり一人の人だなと感じさせるところもある。
事故前の久がまた、魅力的なのよね~
できる男、悪い男の魅力が満載…
女のあしらいとかも。

テレビドラマだから、毎週見てて気持ちいい人の要素が多いし、
それは木村拓哉のよさを生かしてるけど、
テレビという条件がはずれたら、
もっと芝居できるんだよね。
「HERO」の後も、映画やってほしい。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/594-99e798be

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR