FC2ブログ
Loading…

けじめ

Posted by ころーにゅ on 06.2011 木村拓哉   0 comments   0 trackback
南極大陸の今回のキーワード、「けじめ」。
星野さんの口から最初に出たのがよかった。
説得力バツグンですから。
倉持の心にじかに響いてましたね。

星野さんのことばを聞いてる倉持の目から、ぽろっとこぼれて流れる涙。
絶望の淵に立たされた倉持が、心のやわらかさを失ってはいなかったっことが
感じられます。

木村さんのこういうとこ、すごいなぁ。
柔も剛もあわせ持つ。
パターンがいくつかあるのではなくて、「無段階チューニング」。
もっともっと、いろんな表情が見たい。
「プライド」で1度だけ見せてくれた、「すまない。」という泣き笑いのような
詫びの表情。
とても印象に残っています。

星野さんから「けじめ」という言葉をきいて、
自分はどうするべきかと考え始める倉持。
前に進んで行こうとする倉持らしさが戻ってきたシーンでした。
山で仲間を失った痛みからも逃げまいとしたきた、これまでの倉持の生き方が
このときの倉持自身を支えたんでしょうか。


けじめとして倉持が実行しようと決めたのが、カラフト犬を預けてくれた飼い主
たちへのお詫び行脚。
また、なんと辛いことを…
氷室さんじゃなくても心配になります。


さて、宗谷では「おれ」だった倉持でしたが、スーツを着て「僕」になった倉持さんも
いいですね~
スーツ姿で泣く木村さんがまた、いいんです(^^;)
「CHANGE」で、スーツ姿で倒れる総理の姿や
「華麗なる一族」の鉄平さんの絶望の涙はトラウマのようになっているのですが、
逃れられない魅力があります。

今回、山本学さんを相手に見せた「テツは大往生でした。」という、
涙と笑顔のまじった顔もよかった。
途中から立ち上がるしぐさに、ぐっときました。
あの、責任を感じていたたまれない心情表現は見事だ。




関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/56-40aead17

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR