FC2ブログ
Loading…

ファンキー久保田

Posted by ころーにゅ on 22.2015 木村拓哉   0 comments   0 trackback
明日2月23日発売のAERAはガンダム特集。

http://rdsig.yahoo.co.jp/RV=1/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTUwMjIxLTAwMDAwMTEzLXNwbmFubmV4LWVudC52aWV3LTAwMA--;_ylt=A2RhPbCLq.lULDIANJ4Pl.Z7

人生の師がガンダム、という世代がターゲットになっているのね。
木村くんもターゲットになってるんだ…
シャアの女性遍歴も載るとか。

話は変わって、「音楽の時間」のトーク面白かった。
SMAPって、何人もの海外の大物アーティストと共演してるんだなぁ、と改めて感心してしまう。
レディー・ガガを迎えた時のことについて、
中居くんが「セットにかかったお金が3(=三百万円!?)ぐらいいってるんじゃないか」と言えば、
木村くんは「ガガはめっちゃくちゃ真面目だった」と証言。
「さんタク」でも、さんまさんに話してたね、
ガガの真摯な姿勢のこと。
木村くんが語る“JB”の大物ぶりもおもしろかったなぁ。
それに、「およげ!たいやきくん」にちなんで、
「毎日たい焼きを買っている少年」として木村くんが新聞に載った日付も判明。
記事が載ったのが、サンケイ新聞の昭和51年2月13日付け夕刊、でした。
ということは、
当時の木村くんは、少年、というより、3歳の幼児だったのですね。
3ちゃい。
そうとうかわいい子だったんだろうな。
その後、久保田利伸の「Oh! , What A Night!」に夢中になった木村くん。
「Oh! , What A Night!」をバックに自転車が疾走するCMを「かっこいい!」と思った拓哉少年は、
頭の中でこの曲をガンガン流しながら、
千葉の海浜地区を自転車でかっとばしていたという。
思い出の1シーンの躍動感が半端ないな~木村くんは。
23歳で「ロングバケーション」の瀬名くんになったとき、タイトル曲「LA・LA・LA LOVE SONG」を久保田さんが書いて歌ってくれた。
そのときの、木村くんのときめきと感激が伝わってくる気がした。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/540-7612ccce

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR