FC2ブログ
Loading…

歓びを歌にのせて

Posted by ころーにゅ on 11.2015 映画   0 comments   0 trackback
「歓びを歌にのせて」をDVDで観ました。
数ヶ月前、LiLiCoさんがラジオ番組に出演したとき絶賛していた映画です。
LiLiCoさんの出身国であるスウェーデンの映画だと。
昨年末に、LiLiCoさんからこの映画のDVDを渡され大プッシュされた木村くんが、わっつで「よかった!」と言っていたので、観てみました。
郷土の自然と、人と人とを結びなおしていく歌の力が、魅力的に描かれていて、
心を揺さぶられました。
オーケストラの指揮者として名声を得た男が、
病に冒されて引退し、生まれ故郷の村に帰ってきたところから始まる話なのですが、
冒頭の、一面のライ麦畑にまず引き込まれます。
いいよね、ライ麦畑って。
雪の中での生活や、水の冷たそうな川や湖で泳ぐ様子など、スウェーデンの、とある村の自然がこの物語を支えています。
孤独な男の心を、冷たくも懐かしい故郷の雪が包んでいき、しばらくは静かな時が続く…のかと思いきや、
この男、なかなかやるんです。
それが爽快。
村に住む、ポジティブで温かいハートを持つ娘や、騒ぎ屋なおじさんに巻き込まれる形で、
村の聖歌隊のメンバーに「歌うって身体と魂を震わせて、自分固有の音を発見することなんだ」と教える。
そして、固有の音は共鳴しあって、聞く人の心を震わせる音楽になる。
それを一生懸命伝えていく男が、なんとも魅力的なんです。
素直に反応して自分を変えていく女、
嫉妬ややっかみの感情に振り回される女、
女を支配できなくなることに怯え、暴力をふるう男。
DV夫や、嫉妬に狂って教会の権力を振りかざし、妻を悲しませる牧師など、
情けない男たちに対して、
主人公の男と結ばれる娘や、
DVされても、自己卑下しても歌を諦めず、すばらしいソロを歌い上げる女など、
女性のしなやかさや強さが、温かく描かれているのもよかった。
そして、ラストの「不安のあまりのうめき」が「その場の全員の歓喜」につながるシーンが見事。
主人公が、子どもの頃のいじめによって傷ついた自分の魂を救済できたのもよかったなぁ。
これを「いい映画だよ」って人に勧める木村くんが好きだな~
と思います。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/533-f3bfb022

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR