FC2ブログ
Loading…

男性は女性に心射ぬかれる生きものだし…

Posted by ころーにゅ on 03.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
もう月曜日か!
早いなぁ。
この間のわっつを聞いていてハッとしたのが、
木村くんの「男性は女性に心(を)射貫かれる生きものだし」という言葉。
「心射貫かれる」「いきもの」がなんともイイ!!
「ゆかし」と申しましょうか…
その直前、木村くんは、
「(胸の)谷間がはげしいぞ」とか
「コイツこんなに胸板厚かったんだ」とか、
相手のボディーに「異性」を感じてドキっとする瞬間を言っていたのですが、
そのときも、
自分をドキっとさせた相手を「異性」として意識することで、
友情から恋情へとシフトチェンジして、
勢いがついて「追い越し車線に車線変更」するなんてうまい喩えも出してました。
ゆっくり走る車線でも追い越し車線でも、自由に行けばいい、と。
ほんと、そうですね~
いつまで同じ道を行けるのか、それは分からないけど。

「彼氏・彼女がいながらの異性の友達ってどう思いますか?」なんて相談にも、
「少女マンガに出てきそう」な内容だとか言いながらも丁寧に答えてる木村さんの口調がやさしいわぁ。
リスナーの「メロディー」が男友達と一緒にいて
「恋人じゃないのになんで男の子とふたりでいるんだろう?」とふと疑問を感じた時点で、
単なる友達に対するものとは別の感情が存在してるのでは?
と指摘してるのも鋭いですよね。

「基本、男は女に心を射貫かれる生き物だ」ということは、
男女の友情は、
成立しない、とは言わないけど、
成立することは難しい、という結論でよろしいでしょうか。

それはいいとして、
「これからまた寒くなってくるとさ…」
の続きが、
「人肌恋しくなるよね。恋人ほしいって思う人もいるだろうね」だと思ったのに、
そうではなくて、
「女の子の服がまたちょっとね、かわいくなったりするわけですよ」だったのが
一番印象に残ったなぁ。
「もうあれまいるね。ほんと参るね。」
「あのーなんなの、あれ。ちょっと寒そうにしてる女の子ってなんなん?」
「悔しいね。ふ。」
というわけで、
寒い季節、おしゃれして、ちょっと寒そうになってしまう瞬間があったりすることも大事なようです…
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/456-cbb73e97

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR