FC2ブログ
Loading…

ロイド

Posted by ころーにゅ on 26.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
暑くもなく、寒くもない夜。
静かな住宅街の、ゴミ一つ落ちていない道を歩く。
これも一つの幸い、だよね。
少し疲れてるけど。

日本て良い国だなと思いながら歩いてる。
歩いてるのは自分ひとり。
あまりに静かなせいか、ロイドキューブのことが頭に浮かんできた。
海の底って…静かなはず。
なぜロイドキューブは百年もの間、海の底で海水の浸食と水圧に耐えなければならないのか?
…それは百年経っても変わらない想いがあることを証明するため。
透きとおって青い、きれいなロイドキューブ。
でも深海の底ではきれいな青色であることも意味をなさない。
それは、海水から引き上げられて、光を受けてこそ美しい。
「安堂ロイド」の最終回、キューブはサプリの指に挟まれたままウージングアウトしていった。
その後、黎士の蘇るシーンがあり…
そして本当の最終シーン、「ARXⅡ-13のデータを読み込み、プリントアウトしますか?」というマシーンの問いかけに、
舌打ちして「YES」と答えた男の声。
あれは紛れもなくロイドの声だ。
ということは、キューブからデータを読み込まれ、プリントアウトされたARXⅡ-13の実体がどこかに存在しているということ。
それは、どこなのか?
ロイドは約束を守る。
ということは、安堂麻陽のすぐそばにいる、ということになる。
早く、姿を現してほしい。ロイドにまた会いたい。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/449-b8cdc967

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR