FC2ブログ
Loading…

やっぱり見てしまう。

Posted by ころーにゅ on 30.2011 木村拓哉   0 comments   0 trackback
つい、また見てしまいました。
「南極大陸」第7回。
なんかもう、全身で泣いてる木村くんと一緒に泣きたい気持ちになって。

このドラマ、何より、役者の演技がほんと、いいです。
映像に力があって、本格的。
香川さんや緒形さんも、さすがです。

ストーリーで見せる、というわけにいかないドラマですが。
第7回は、見てるこっちがその後の経過を知ってるというのがネックでした。
白崎さんの「あきらめてたまるか!」という言葉が、力を持てないんですよね。
ただ、彼の態度・行動はほんとうに立派だと思います。
責務から逃げないし、
倉持たちの気持ちを、心から大事にして精一杯、行動してくれている。
アメリカ側に土下座するのもいとわず。

昭和基地ができあがったばかりの頃、
白崎さんが隊員たちを前にして昭和基地の前に立って、
「もはや戦後ではない」と言っているシーンは、
名シーンだなぁとほれぼれしたんですが。
今後が、つらいですね…

それにしても、木村拓哉の泣きの演技。引き込まれます。
撮影現場では、照明が当たって、たくさんのスタッフが見ていて、カメラの枠という制約もあって。
そんな中で、あの表情、あの絶叫。
芝居と思えないです。
後ろからのショットの頬の線まで、はかなげなんですよ…


ラスト近くのあるシーンの撮影で、カットがかかっても感情の昂ぶりが抑えきれなくて、
気持ちがコントロールできなくて、
ほとばしるような感情のままに泣きながら震えていた、と
本人が語っていました。
そのシーンを見届けたいと思います。


関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/44-f599dd10

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR