FC2ブログ
Loading…

安堂ロイド 第6話、7話

Posted by ころーにゅ on 29.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
サプリを失ったロイド。
嫉妬の感情を抱えるロイドは、麻陽の部屋に帰らず、廃工場で一人充電体勢に入る。
「サプリ。おまえはいつもこんなに苦しい思いをいだいていたのか。」という言葉の、抑えた感じがたまらない。
まさに、感情を自覚したアンドロイド。
ロイドのいる世界に引き込まれる…
お手本のない芝居だけど、これしかないと実感させる。
思えば、木村くんはいつも手本のない道を歩んでいるなぁ。

ロイドの充電姿勢は、戦士の休息を思わせる。
戦いの世界に身を置く男らしい姿勢だ。
それが、この時はぬいぐるみに手を置いている。
サプリが残していったぬいぐるみ。
キュン…とくるよね。

目覚めた後、
「おまえを撃てば(おまえが)何者かが分かる」と言う葦母衣朔に撃たれたロイド。
2113年の世界に保存されていた沫嶋黎士の脳データもポリスによって破壊され、クライアントを失ったロイドは「自分の意志で安堂麻陽を護る」と宣言するが
3体の敵と同時に戦って、とうとう壊れてしまう。
葦母刑事がついにロイドと直接対決して
ロイドを理解していく過程が気持ちよかった。
遠藤憲一の芝居もいいなぁ。
「撃たなかったんだよ、コイツ。俺のこと。」
という声が耳に残っています。
さすが、木村くんも惚れた俳優だなぁ。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/346-20032b27

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR