FC2ブログ
Loading…

4話の意味は深いよね。

Posted by ころーにゅ on 20.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
安堂ロイドのディスク(DVDやBD)の第4話、オンエア時よりかなり増えてます。
もともと、婚約指輪に象徴される、重要な回なんですが。
桐生さんの人となりや、黎士との関係をもっと描いてる。
かおるが黎士になれなれしくするところとかも。
桐生が敵のアンドロイドなのかどうか、についても、2113年の警察機体に襲われることで
さらに謎が深まるし。
決定的なのは、最後のシーン。
オンエアでは、匂わす程度だったよね?
また観てみないと。

改めて観てみて、「安堂ロイド」は
高度な人工知能は、感情を持つのか?愛を知るのか?
ということについて、かなり直球に、真っ正面から描いているんだなと思った。
ロイドが、怒り、悲しみ、嫉妬、
そして愛を知り、体現するさまがものの見事に描かれている。
最後は、麻陽の幸せのために、麻陽と黎士の愛を見守る、という行動に出るわけだし。
人類全体の幸せまで、考えてくれてる…

一度はチェーンソーでロイドを襲おうとした麻陽が、
時計の修理をする、機械と人間を差別しないロイドを見たのが
ロイドにひかれるきっかけになっていたのも、深いなぁ。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/335-a9ed7d2f

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR