FC2ブログ
Loading…

武蔵

Posted by ころーにゅ on 18.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
「宮本武蔵」の木村拓哉。
もうね、ほんとに剣の道に生きようとする男なんですよ…
特に、姫路城内で幽閉されて以降の武蔵が
「知」を得てそれを実践しようとする懸命な様子が
とても新鮮でした。
こんな時代劇見たことなかったから。

「術」や「策」を記述するのも困難だし、それを読んで「体得」するにいたるまでも大変。
でも、武蔵ならできたのだと思わせるものが、木村拓哉にはあります。

冒頭の吉岡道場を訪ねるシーンの、面構えもいいし、
剣を抜くだけでなく、収める所作もさりげなく見事。
佇まいそのものが、ほんとに武の道に生きようとする修行者そのもの。
彼の生き方に、どこか重なっているんだと思います。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/303-156d92b1

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR