FC2ブログ
Loading…

わっつ

Posted by ころーにゅ on 15.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
さっき聴いた「わっつ」。
冒頭の「ハッピーバレンタイン♪」からして、もう、いい声でたまりません。
深みがあるんですよ~
「チョコレートを、(女性が自分の)ふくよかなとこ、ぷるんぷるんとしたとこに(塗る)」なんて言ってる声もよかったw
リスナーの「こんばんわんわん」に対しての、困ったような小声の「わん。」がツボ。

今までそれほど好んで食べなかったチョコレートのことを、
「疲れたりすると、うまいよね」と言ってた。
撮影、よほどハードなんだろね。

「武蔵」の撮影現場のことを、ていねいな言葉で語ってるのがよかったなぁ。
「品のない言い方ですけど…」と言うから、「いったいどんな言葉が出るのか?」と身構えたら、
「見せ場」という言葉でした。
えげつない意味に受け取られたくないんでしょうか。
撮影の現場や、作品(ドラマ)を、とても大切に思ってるんだなぁ。

「一乗下り松」の76人斬りのシーンを、京都の亀岡の山の一角で撮影したそうです。
「斬り殺す」などどは言わず、「あやめる」と言う、その語り口にしびれました。
そして木村拓哉の動きを150%把握している「なおひろ」さんのことや、
アドレナリン出まくりの撮影現場の話が出ていました。
「段取りをこなすんじゃない。武蔵を斬ってください。」で始まる撮影。
「(メーターの針が)振り切って」ること、いや、それ以上のテンションが必要な場。

木村さんに対しても、
「もっとえげつなく」
「殺し合いですよ」
「相手のことなんか考えなくていいですから」
という言葉がかけられる。
相手とやり取りして、間合いをはかる隙もない、一瞬の気合いと動きが要求されている。
現場に、本物の殺気がみなぎっていそうです。
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cologne892.blog.fc2.com/tb.php/253-842f70df

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR