FC2ブログ
Loading…

第2話「ナスのプレッセ」

Posted by ころーにゅ on 28.2019 木村拓哉   0 comments   0 trackback
グランメゾン東京の第2話、めちゃくちゃ面白かったーー!!
役者の演技力が段違いにいいし、脚本も素晴らしい。
カメラワークも音楽も含めて、総合的な演出も一流なんですね。
尾花・京野・倫子さんのアンサンブルもいきなり絶好調な感じ。
尾花が自分を曲げず「オレ流」で事を押し進めようとするのを、支えるかと思えば、
ちゃんと切り込んだりする倫子さんがいい。
3年前までの、パリで成功した体験からものを考える尾花を、
「浦島太郎」呼ばわりできる強さもある。
あの倫子さんちのキッチンでの、尾花と倫子の丁々発止のやり取りも面白いし、
倫子さんと京野の、大人らしい包容力のある会話もじーんとさせる。
あのキッチンがほんと、魅力的なんです。
このキッチンならおいしい和食も作れるよ、という説得力が半端ない。

そしてまた、料理動画の貴公子・相沢さんの自宅のキッチンも「なるほど」と思わせる仕様だった。
プロはここまでやるんだな、と思ったし、
パリのエスコフィユが潰れた後のシングルファザーとしての相沢さんの頑張りも分かって、
物語に厚みが出た。
相沢さんのお母さんが木野花さんという配役の贅沢さ。

重層的な脚本が素晴らしくて、味の深い料理をいただいているような満足感があります。

倫子さんちのキッチン

Posted by ころーにゅ on 26.2019 木村拓哉   0 comments   0 trackback
ドラマ「グランメゾン東京」の魅力の一つは、倫子さんが長く働いてきた人だという点にあると思う。
パリから帰国して、
尾花と倫子さんが、倫子さんの家に着いたとき、
キッチンからして、なんていい雰囲気なんだろうと思った。
使い込んだ、おいしい料理がつくれそうな場所。
あったかくて、ちゃんと毎日料理している人の家だなと思った。
倫子さんが自分のレストランで働き詰めだった頃は、
自宅ではお母さんが食事を担当していたのだろうか。

「泊めてもらう代わりに、おいしい朝ごはんを作るよ」という尾花の言い分を、
初めは認めなかった倫子さんだが、
倫子さんちのキッチンで尾花が作った朝食がめっぽうおいしくて、
和食もこんなにおいしいんだ。尾花夏樹、すげえな、
と感心してた。
あのキッチンに立つ尾花も楽しそうで、京野に思い出のまかないを食べさせることもできて、
よかったなぁ。

尾花のお詫びメシ

Posted by ころーにゅ on 22.2019 木村拓哉   0 comments   0 trackback
グランメゾン東京、演出が冴えてて、ほんと楽しめるドラマだな~
調理シーンも見事。
カンテサンスの岸田シェフが監修されているのもすごい。
予告の段階でも映えていた手長エビの料理は、エチュベという蒸し焼き料理だった。
海老にかけるとろっとしたソースは、刻んだ花びらとサフランを使ったシンプルなオイルソース。

パリのエスコフィーユ時代の回想で、
尾花シェフが午餐のテーブルセッティングから引き抜いたひなぎくを食べてみて、
急遽、ウニの料理にひなぎくの花びらを散らしたのも、
センスの良さや日本人の感性が生かされていて心憎い演出だった。

脚本もすばらしい。
京野が倫子さんの家に連れて来られたシーンで、
倫子「お詫び飯!?」
尾花「料理人は料理で詫びるものでしょ」
京野「謝りたくないだけだろ」
からの、
鍋のフタをとると湯気がふわーっと。
京野さん、視線を外して後ろを向きながらの「謝りたくないだけだろ」に
尾花を許してしまいそうな甘い雰囲気が出てますよ…

グランメゾン東京#1

Posted by ころーにゅ on 21.2019 木村拓哉   0 comments   0 trackback
待ちに待ったグランメゾン東京初回。
とても面白かった!!
本物感が際立っているドラマだ。
カメラも音楽もいい。
尾花夏樹の自信ありげな表情、切ない表情、心をつかまれるなぁ。
木村拓哉が本当に素晴らしいし
沢村一樹さんも、鈴木京香さんもとてもいきいきしていて魅力的で、
ずっと見ていたいドラマだ。

尾花が倫子に手長海老のエチュベを食べさせるシーンが最高だった。
匂いを嗅いで、一口食べて、涙を流しながら「すっっごくおいしい」という倫子と、
それを見る尾花の表情。
尾花が本気になったんだ、
ここからドラマが始まるんだ、ということがよくわかった。

今日もまた録画を見てしまうな、きっと。

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR