FC2ブログ
Loading…

A LIFE第7話

Posted by ころーにゅ on 27.2017 木村拓哉   0 comments   0 trackback
ついに深冬の脳腫瘍の手術方法が閃いた、あのシーンの沖田先生最高だった。
大きな目がふと輝き、みるみる涙で瞳がうるんでいく。
よかった。
本当によかった!
ここまで長かったなぁ。
もう2ヶ月も、寝る間も帰宅する間も惜しんで考えた手術方法。
沖田先生の健康状態まで心配になっていた。
オペナースの柴田さんも、沖田先生の様子から
「深冬先生の脳の手術をするために壇上記念病院にいる」ことを見抜いていたね…
沖田が手術方法をつかむとき、天啓のように降ってくるのか、
協力してくれる人たちとチームでの苦闘の末につかむのか、
とても気になっていた。
実際は、シアトルの医師仲間からの「初心に戻れ」というアドバイスも取り入れて、
また一から考え直してあがいているときに、
目の前の心臓と脳の模型を見て、
沖田の頭の中で心臓と脳が重なって、
手術方法を見つけた。
今まで沖田が必死に歩いてきた道のすべてが重なって、
心臓血管外科医としての知見が生きた結果だった。
まさにこのために生きてきた、と言える、心をぎゅっとつかまれるような瞬間。
そこに大げさな音楽はなく、
沖田の表情だけですべてが物語られていた。
忘れられないシーンになった。

A LIFE第6話

Posted by ころーにゅ on 21.2017 木村拓哉   0 comments   0 trackback
前回に続いて、木村拓哉の静かな凄みのある演技を堪能した回だった。
手術中に壮大先生が内線で邪魔してきたときくらいかな、沖田先生が声を荒げていたのは。

井川先生の成長を導いた沖田先生。
深冬の脳腫瘍の問題を抱えて、明らかに睡眠時間も不足している中で、あんなふうに後輩の医師を見守ることができるのは凄い。
しかも、患者の命が最優先のギリギリの状況で。
あの芝居の説得力は、まさに木村拓哉の存在感にかかっていたが、
ドラマの世界に引き込まれて、まったく意識することなく「井川先生、よかった!」と思って観ていた。

第5話も第6話も、終盤の沖田先生の表情が忘れられない。
日常のふとした瞬間に、噛み締めるように思い返している。

A LIFE第5話

Posted by ころーにゅ on 13.2017 木村拓哉   0 comments   0 trackback
アライフ面白いです!
外科医として活躍中のシアトルから呼び戻されて、
10年ぶりに帰国してみたら、かつての恋人と親友が結婚していた…という、
木村くんいわく「背負い投げ的な」状況から始まったドラマ。
でも、女一人を男二人が取り合うことが軸になっているわけではない。
高度な手術をする医師の仕事ぶりがじっくりと描かれた貴重なドラマです。

はじめから大変な立場に立たされている沖田先生が、
逃げずに、ブレずに前に進んで行くのだけれど、
深冬先生の脳の腫瘍は大きくなっていく。
井川先生から、
壮大先生は深冬先生をオペすることはできないですよね。
愛する人だから。
と言われて、
「だから僕が切るんだよ」と答えた沖田先生が、
切なかった。
もう何十日も苦悩を抱えて、仕事をしっかりこなしながら、深冬を救うためにあがいて。
目がうるんでいるのに、まっすぐ井川先生を見て、
笑みさえ浮かべて答えてた。

「A LIFE」第4話

Posted by ころーにゅ on 08.2017 木村拓哉   0 comments   0 trackback
「A LIFE」第4話もとてもよかった!
今回はオペナースの柴田さんにスポットが当たった回。
柴田さんを演じる木村文乃さんもよかったし、
柴田さん個人のひととなりや思いが分かる過程で、
沖田先生の不器用なところや、
壮大先生が思いのほか深冬先生を強く思っていることや、
いろいろ興味深いことが描かれていた。
脚本もいい!
音楽もいいドラマです。
患者さんにはとことん丁寧に、言葉も選んで、絵まで書いて説明するのに、
プライベートや身内に関してはぶっきらぼうな沖田先生が、
愛しい。

かわいい

Posted by ころーにゅ on 04.2017 木村拓哉   0 comments   0 trackback
ゆうべのワッツの木村くん、かわいかった。
アライフの共演者の呼び方を紹介してくれて、
木村文乃さんはフーミン、ふみふみ、
竹内結子さんはゆうゆ、
松山ケンイチさんはケンケン、
浅野忠信さんはタッド、
及川光博さんは世間と同じくミッチー、
…と話しながら、
柄本明さんはえもっちゃん、て言ってた!
すぐ「ウソです」とフォローしてたけど。
楽しそう!
いい現場なんだろうな。

「A LIFE」リピしてます。

Posted by ころーにゅ on 02.2017 木村拓哉   0 comments   0 trackback
壮大(浅野忠信)が沖田のことを「カズ」と呼ぶの、いいな~
なんか、惹かれるのです。
それに、二人が幼なじみなのがよく伝わる。
その関係性を壮大は利用しているのだけれど。
壮大の堂々とした立ち姿に対して、
沖田はそのとき、そのときのニュアンスのある姿勢を見せる。
帰国したばかりの場慣れしない感じだったり、
自分の信念を貫こうとする強い意志だったり。
その多彩さが見事だし、
全身で芝居できる二人を生かした演出もいい。

「あの時、シアトルに行ったのが俺だったら、どうなっていただろう」という壮大の問いかけには、ドキッとしたなぁ。
そしたら、「……この病院がなかったんじゃない」という沖田先生の返し。
あのシーンも見事だった。

A LIFE第3話

Posted by ころーにゅ on 01.2017 木村拓哉   0 comments   0 trackback
深冬の目覚めが描かれた第3話、とても見応えがあった。
時短で帰ることに引け目を感じていたことなど、なるほどな、と納得できた。
沖田先生が、深冬先生の肩を掴んで、患者のために最善を考えたオペの図があるホワイトボードに向き合わせたシーン、みごとだったなぁ。
目の前の命を救うために全力を尽くす。
それが、医者の本分だ、と。
沖田先生の軸足はそこにあって、けっしてぶれないことが、
第3話ではっきりした。
ホワイトボードを見つめる深冬の後頭部を見つめる沖田の表情が、
とても見事だった。
自分も医師として、深冬の脳にメスを入れなければならない…
沖田の苦悩が伝わってきた。

そして、全体を通して、最も見応えがあるのは、やはり壮大と沖田のシーンだ。
迫る壮大に対峙する沖田。
二人の芝居にしびれる。

しかも、沖田先生は、かわいい。
宿直で呼び出され、ベッドから転がり落ちて起きたりして。
その直後、病室に駆けつけると、
患者の女の子に、「痛かったら、ぎゅーってして」と、自分の指を握らせるのだ。
なんてすてきなお医者さんなんだろう。

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR