FC2ブログ
Loading…

期待

Posted by ころーにゅ on 31.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
2016年12月30日のワッツ。
木村くんの「感謝」の思いの深さにやられた。
現場を共にしてきた、その時、その時の思いを忘れていない人の言葉だ。
これはもう、木村くんの生き方そのものから出てきた言葉。
1回1回、膿むことなく全力を傾けて仕事する生き方。
…ゆうべのワッツの感想は、また書いて、残しておきたいなぁ。

「A LIFE」の紹介番組で、浅野忠信さんや木村文乃さんの言葉から、生半可な取り組みは許されないというやる気が伝わってきた。
それは、木村拓哉との現場だから。
役者木村文乃にとっても、「3ヶ月後、自分はどう成長しているのか」と、自分の役者としてのさらなる可能性を求めて日々勝負するような現場なんだ。
期待が高まる。

A LIFE

Posted by ころーにゅ on 30.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
TBSの1月期のドラマ紹介番組で、
木村拓哉主演の「A LIFE~愛しき人~」の紹介映像を見ました。
とても良い現場!
キャストの皆さんの意気込みが伝わってきます。
取材に応える浅野忠信さんが、「すごくやり甲斐あって楽しい。撮影終わるとクタクタだよね。」と言いながら、
隣に座ってる木村くんと顔を見合わせて笑ってた。
役者同士の信頼で結ばれているんだな。
うれしい。
竹内結子さんの肩に手をかけながら後ろに隠れてる木村くんのいたずらっぽい笑顔も見られた。
竹内さんいわく、「木村さんが、本当に先輩の医師に思える」と。
すでに、そうなんですね~
ホワイトボードに心臓の図を描く沖田先生がまた、すてき。

紹介の映像には出ていらっしゃらなかったけれど、
田中泯さんが出演するのも、とても楽しみです。
映画「たそがれ清兵衛」や「隠し剣 鬼の爪」での存在感が素晴らしく、
「メゾン・ド・ヒミコ」は田中泯さん目当てで観ました。
「無限の住人」に出演していて、今回のドラマでも木村くんと共演!
しかも親子役。
どんな父親なのでしょう?
木村くんとの絡みがたくさんあるといいな。

スマスマ最終回

Posted by ころーにゅ on 27.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
1996年4月15日(月)から始まったドラマ「ロングバケーション」と「SMAP×SMAP」。
初回の放送を覚えてる。
あの4月は、まさにキラキラしていた、という印象の期間だった。
今思えば、新しく始まったドラマとバラエティーに全力投球で、
木村くん、大変だっただろうな。
「ロンバケ」の注目度がすごくて、そのまま「SMAP×SMAP」の高視聴率につながったらしい。

9時から会えるのは、繊細な瀬名くん。
すこしくぐもったような声や、はにかんだ表情、きれいな瞳、しぐさ…

10時からは「『SMAP×SMAP』という番組名だけど、SMAP×スタッフと言いたいくらいスタッフがすばらしいんです!」
みたいな発言をする、やる気満々でスタッフへの気遣いもある「熱い」木村拓哉。
アイドルグループの一員。

あっという間に、両方に魅了されていった。
月曜日を楽しみにさせるなんてね。贅沢な時間だった。

それから20年。「スマスマ」が、とうとう終わってしまった。
最後の「世界に一つだけの花」を歌い終わった瞬間、木村くんは「ありがとうございました」と口だけを動かしていた。
その後、何十秒も深々としたお辞儀を続ける5人。
結局、何も肉声での挨拶はなかった。
幕が下りて、
「終わったか…」と思う間もなく、幕の向こう側を撮すカメラ。
「え?まだ撮すの!?」と驚いたが、
見られてよかったかもしれない。
一人列から離れて後ろ姿を見せながら目の辺りを手で拭っていた中居くんは、
番組のスタッフさんとメンバー5人との数十回もの個別撮影が済むと
「はい、終わり」とパンと手を叩いてさっと歩き去った。
3人のメンバーが足早に後に続き、
木村くんだけがゆっくりとスタッフさん達に軽い会釈をしながら歩き去った。
あのシーン、とても象徴的だったな…
木村くんは、せめてスタッフにお礼の言葉を発したそうに見えた。

5人が、それぞれどんな思いでいるのかわからないが、
SMAPは、今は解散しなければならなかったのだろう。
活動休止ではなく。
私は解散発表コメントの、木村くんの「無念」と、ワッツで聴いた「ごめん」の言葉を大事にしたい。
どれほどの強い覚悟で事務所と4人を取り持ち、4人と仕事し、(ネットの叩き記事に耐え?)
日本にいない時に発表されてしまった解散を呑み込み、
ファンに挨拶らしい挨拶もできずに冠番組を終え、
今、新しい仕事に力を注いでいるのか。
とにかく木村拓哉を応援したい。

「A LIFE」予告映像!

Posted by ころーにゅ on 11.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
「A LIFE~愛しき人~」の短い予告映像を見ました!
沖田先生が素敵!!
丈の短い、非常に仕事できそうな白衣姿で。

別の、「ブランチ」の予告映像もいいなー
スマホ握りながら、指をひらっと動かすの。
電話の相手に、「やあ!」と手を挙げる感じ。

さっき見た予告で流れていた曲は、Oasisの「Don't Look Back in Anger.」
この曲が使われるの!?
どうなんだろう?

白衣で揃った面々がかっこいい。

カウンターパンチ

Posted by ころーにゅ on 11.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
こないだのワッツで、ドラマの話が聞けた!

「A LIFE」は、すでにチームワークが半端なく良い。
主題歌とか、話を聞かせてもらったお医者さんたちからとか、「ものすごい」援護射撃をしていただいて、
「半端なもの作れないな」という状況に置かれてる。
なので、半端じゃないものを作ります!

と木村くんが言ってた。
声もすっきりしたいい声だった。
力強いな-!!
「乞うご期待!」と言っていたので、期待してます!

「実際のドクターたちにお会いして、その言葉にすごいカウンターパンチをくらった」話が特によかった。

「僕はあの患者さんの命を救ってるわけではないですから。」
「え?どういうことですか?救ってるじゃないですか」
「僕があの患者さんに施したオペレーションというのは、今後あの方が生きていくのに、生きやすいようにしただけなので。
命を救ってるという意識はないです。」

というやりとり。
こういうとこに、木村くん、しびれてるんだ。

今まで、ドラマでいくつもの職業を経験したけれど、
今回、準備の段階で、外科医と直接話をして、初めて自分の仕事として「ありかな」と思ったという。
半端ない勉強して、医学生になって、研修医になって…
手術の現場に立つまでの、限りない準備と、努力。水面下での足掻き。120%の準備をして自分の間の前のケースに向き合う。
その上での「生きやすくする手助け」という患者第一の意識。
木村くんには、それがよく伝わった。
だからこそのカウンターパンチなんだな。

「今の自分」からすると医者が患者の命を救ってると思うんだけど…
という言葉遣いからも、
この後、さらに進化していく木村くんが予感されて、私もしびれました。

ワッツは続く

Posted by ころーにゅ on 07.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』 に関しましては、2017年1月以降も引き続き放送してまいります。

と、TOKYO FMの情報ページに載ってた。
よかった。
これからも木村くんの声が聴ける。
今、木村くんの唯一のレギュラー番組だからね…
とても大事な場所。

1月からのドラマのことも、ワッツで少し話してくれた。
新しい現場が始動してる。
「A LIFE ~愛しき人~」の現場。
撮影に入る前から、ずいぶん気合いが入っていて、
準備のこともコメント出している。
外科手術の見学もさせてもらったと。

木村くん、痩せたよね。
膝の怪我のリハビリでジムに行き始めて、その後も通ってると言っていたけれど。
木村くんの場合は、痩せるためのジム通いではない。
とても気がかり。
どうか、ドラマの撮影現場が充実していますように。
…大丈夫だと信じたい。

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR