FC2ブログ
Loading…

応援したい。

Posted by ころーにゅ on 27.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
ゆうべのワッツで、木村くんは、やり過ぎなくらいストレートにリスナーからのメールに答えていた。
解散と聞いて、なんですぐ帰国しなかったのかと、木村くんを責めるメールまで読み上げていた。
すぐに帰国して、解散を撤回してほしかった、というひどいメール。
解散しないために、頑張って頑張って、
孤軍奮闘の状況があらわになってからもずっと頑張って、
あげくのはてに、自分がいない隙をついてメンバーが解散を要請して、それで解散が決まってしまって。
…絶望以外ない。
そんな木村くんの気持ちには、おかまい無し?

それでも、木村くんは番組名を「What's UP SMAP!」から変えなくていいと思う、今は、とささやくような声で言っていた。

みんなの思いを背負って、
いや、背負うは「上から」かな、みんなの思いを感じてやっていく。
まだ、自分は、いていいのかな。
とも。

ああ。木村くんを応援したい。



帰国

Posted by ころーにゅ on 23.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
木村くん、昨日の夜(午後7時)ハワイから帰ってきたんだ。
台風で飛行機の到着が遅れたそうだけど、
無事に帰国できてよかったな…

帰国時の映像をテレビで見た。
成田空港で待ち構えていた取材陣から「ファンのみなさんに一言を!」という声が出たら、
立ち止まって、
「ほんとうにご心配をおかけして、本当にほんとうにすみませんでした」と言って、
二度ほど礼をしていた。
「今のお気持ちは?」に対しては、
「今はちょっと…複雑です。」と答えていたけど、
複雑の一言でとどめるのも困難なほどの思いをしているはず。

自分が日本にいない間に、守ろうとしたグループの解散を発表されて、
空港でマスコミに待ち構えられて、
ファンに心配させたことをひたすら詫びて。
つらいだろうな。

でも、木村くんの顔を見られて、声が聞けたら、
なんだかとても気持ちが落ち着いた。
ファンを思っていることを、また口に出してくれたね。

ほんとうに、ごめん。と。

Posted by ころーにゅ on 20.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
今日のワッツ。
冒頭の木村くんの言葉が胸に痛い。

「今回はSMAPの件で皆さんにつらい思いをさせてしまって、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

僕と同じように、今まで、生活の一部、人生の一部として、SMAPと関わってきてくれたファンのみなさんに、
今、本当に言葉が見つかりません。

全てのSMAPファンのみんなに、
ただただ、申し訳ない、という気持ちしかありません。ほんとうに、ごめん。」

初めて聞くような声だった。
心に響いてくる声。
赤心というのか。心からの言葉だった。 

解散、という言葉を使わなかった。
ファンの気持ちが、わかるからだろう。

何人ものリスナーのメールに答えて、
かかった曲は、アカペラの2曲のみ。
ゴーストバスターズのテーマと、
Don't worry, Be happy.

Don't worry, Be happy…
この曲を聴きながら、泣けてしょうがなかった。



結成28年か…

Posted by ころーにゅ on 16.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
結成から28年。デビューから25年。
アイドルグループとしてトップをはってきたSMAPは、すごい。
でも、28年もやってきたからこそ、
ここで、虚脱感が大きいメンバーがいて、「もう続けられない」となったら、
このまま続けるのは、無理なのだろう。

「年明けから活動休止」との決定を受けて、家族で恒例のバカンスに出かけた木村くん。
SMAP存続を信じていたんだよね。

スポーツ新聞社の取材によれば、
8月初旬に木村くん一家がハワイへ出発
→8月10日に木村くんを除く4人が解散申し入れ
→11日に事務所上層部が了承、解散決定
→14日未明にマスコミ各社にFAX送付
という流れで、わずか2日で解散が決定したらしい。

「木村抜きで4人が申し入れ」が事実なら、
それこそ5人のSMAPがもう終わったことの証明だ。
自分の不在時に解散が決まったということになるが、木村くんは、それをどう「飲み込む」のだろうか?

思えば、結婚さえも大スキャンダル扱いで、ことあるごとに一部(?)の勢力からバッシングされてきた木村くん。
バッシングに対して泣いたり騒いだりするどころか、抗議さえしてこなかったけれど、
傷つかなかったはずがない。
それでも、いつも「ファンやスタッフに感謝している」と言いながら、手抜きのないパフォーマンスを見せてくれていた。

いつハワイから帰ってくるのだろう?
今週のワッツは、どんな内容になるのかな。

いつ帰国?

Posted by ころーにゅ on 15.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
木村くんの「解散についてのコメント」を読んで、
彼がSMAPのライブをなんとか実現させようとしていたことがよくわかった。
それを待ち望んでいるSMAPファンのために。
SMAPのライブは、今までのものも、準備不足な面とか、木村くんとしては「もっとどうにかしたい」と思うことがたくさんあったと思う。
それでも、なんとか5人でステージに立って、ファンと会いたかったんだろう。
草彅くんが、雑誌のインタビューかなにかで、
「木村くんが帰った後にライブの構成が変更になって…」なんてぽろっとしゃべってた。
木村くんもさらっと「知らないあいだに変わってて、当日知った」とワッツで(?)言ってたけど、
それって、ちゃんとやりたい木村くんにとっては耐えがたいことだったはずだ。
そんなことも全部飲み込んで、やってきたのにね。
今回の解散も、木村くんが日本にいない8月10日に他のメンバーが事務所に申し出たと報道されている。
それって、事実?
本当に、木村くんだけがいない時に、4人が「休むより解散したい」と申し出たのだろうか?
……本人たちが真相を語るときは来ないかもしれないけど、
スマスマでの様子と考え合わせると、このまま孤軍奮闘を続ける甲斐は、ない。
木村くんは充分がんばったと思う。
SMAPを存続させようと。ファンやスタッフの思いに応えようと。
今、家族でハワイにいるらしい木村くん。帰国する際にコメントするだろうか。
どんな報道をされるか、やっぱり気になります。

SMAP解散

Posted by ころーにゅ on 14.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
SMAPは2016年12月31日で解散。
「休むより解散したい」というメンバーの意向をうけて、と事務所のFAX文に書いてある。
木村くんは、解散したくなかったんだね。
「無念」という言葉が、つらい。

 <ジャニーズ事務所の報告FAXより、木村拓哉コメント全文>

 「この度の『グループ解散』に関して、正直なところ本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、呑み込むしかないのが現状です。沢山の気持ちで支えて下さったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して『解散』と言う本当に情け無い結果になってしまいました。今は言葉が上手く見つかりません」

ファンの思いに応えて、解散しないで頑張っていこうとしていた木村くん。
これ以上、いわれのないことで叩かれないでほしい。

ボーイ・ジョージと。

Posted by ころーにゅ on 13.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
スマスマのS.live で、ボーイ・ジョージと木村くんのデュエットが見られて感激。
二人の声も合ってた。
「カーマは気まぐれ」のカーマはカルマ=業なのね。

木村くんの笑顔が自然で、あったかくて。
いつの間に、あんな余裕を身につけたのだろう…
思えば、ずいぶん経験を積んできたよね。
海外の大物アーティストと歌ったことも数多い。すごいことだ。
いつも、スタジオのセットも凝ってるよね~
今回は、夏らしくきれいなブルー主体で、浅いプールに囲まれたような、すっきりしてるけど豪華なセット。
ボーイ・ジョージの真っ黄色な帽子が映えてた。
彼の不思議できれいな目をじっと見てしまいました。
木村くん、ワッツで、「ボーイ・ジョージは、現場に入ってきたときから、もうボーイ・ジョージだった」と言っていた。
最初からメイクとかもバッチリで、さすがのプロ意識だった、ということか。
一緒に歌って、木村くんが感じたことなんかも聞けたらさらにいいんだけど。

ボーカルを引き立てるパフォーマンスに、海外からのゲストをもてなす余裕が感じられました。

真面目なギター

Posted by ころーにゅ on 07.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
おとといのワッツ。
元気もりもりの木村くんの声だったな~
木村拓哉に対する、いわれのない中傷に凹むファンを元気づけてくれるような…
深みがあって、ハリがあって。
声から、人としての大きさや強さが伝わってくるよ。
「夏だなーって思ってるときに、夏を満喫するべし!」というのが、抜群に説得力あった。
この日は、「木村拓哉先輩付いて来てもらっていいですか?」の、ひとり反省会。
岳くんとお風呂に入りながら(!)話したときの音声やら、
キャンプ飯のタマネギはどうなった、という話やら、
ディレクターが「これは2時間半ものでしたね」と言ったという通り、
ばっさりカットされてしまったおいしいシーンが、どっさりあったらしい。
お風呂は音声だけで、映像はないのか…

山中湖は、水も冷たくて、寒くて、
フライボードはそうとうハードだったらしい。
湖面に落下するときの衝撃もすさまじく、翌日、目が赤くなってて、
眼科のお世話になったほど。
収録が終わったあとに、あのフライボードのスタッフのご厚意で、お風呂とおうどんをいただいたんだって。
ご家族が以前民宿をなさっていて、
そこにお呼ばれしたと。
心から歓迎されたんだろうな~

ギターを弾く人たちから、「真面目で繊細な演奏だ」と評された健太との演奏は、
一発本番だから、間違えたくなかった、と説明しつつ、
「そういう観点もあるのかー!」と感心してる木村くんがとても素直だった。
人からの評に対して、こんな風に率直に向き合ってるから、
毎日発見があるんだな。

ロイドの脚本

Posted by ころーにゅ on 02.2016 木村拓哉   0 comments   0 trackback
ゆうべのスマスマは、S.liveのコーナーがよかった!
「水曜日のカンパネラ」とのコラボで、
楽曲の世界観をよく表しているセットも秀逸だった。
毎回、凝ったステージを用意してくれているスマスマのスタッフにも、感謝です。
もっと時間をとってオンエアしてくれてもいいのになあ。
黒スーツのSMAPもかっこよかった。
1曲目の冒頭で、
顔だけしか見えなくて、しかもサングラスをしている状態なのにちゃんと演技している木村くんがいとしかったな。
「寒い!」「冷たい!」って、クールな顔だけど表現してた。
口が震えたり、下唇を噛んだり。
2曲目の、アンドロイド風の振りも萌えた。
アンドロイドに注射、といえば、ロイドですよ。
あぁ、舌打ちしてたロイドは、今、どこにどうしているんだろう?
ロイドーー!!
設定と役者は最高なので、あとは脚本ですよね。
求む。脚本。


プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR