FC2ブログ
Loading…

車なのにベストジーニスト

Posted by ころーにゅ on 31.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
TOYOTAカローラのCM、ちょっと違うバージョンもあるんですね。
バスケットのゴールネットのとこで遊んでる、ように見えるけど実は仕事もしてる木村市長に
「こんなとこで遊んでていいんですか?」って一市民の満島ひかりさんが声をかけてくる。
市長さん、遊んでるようにしかみえないもんね~
満島さんは「月の恋人」に篠原涼子のアシスタント的な役で出てましたね。
カローラのCMでは、ワンシーンしか出てないけど、
今回は市長さんと直接話してて、この先がひそかに楽しみ。
もっと絡みがあるといいな。
満島さんをスマスマのゲストとして拝見したら、素でエネルギッシュな感じがして
木村さんと合うんじゃないかと思いました。

しかしカローラの全身デニムバージョンてすごいわ。
空気抵抗大きいのでは?
と思うけど。
実際見たら感動しそう。

行動力と説得力で人々のやる気を生かして、いい街を作りそうな木村市長さん。
TOYOTAの社会に責任を持つ企業のイメージ作りに確実に一役買ってます。
市長さんのアイディアを褒めながら訳知り顔で座ってる堺雅人さんは、
いったい何者?

顔マネメイク

Posted by ころーにゅ on 29.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
ざわちんによるSMAP内顔マネシャッフル。
ゴローさんが「緊張感のある現場だった」と言っていたのが印象的だった。
メイクと撮影の技術であそこまで似せるものなのね~
モノクロ写真なのも効果的なんだろうな。
目と眉の位置が似てるという木村くんと中居くん。
メイクされながら、「あいつ(中居)にわからないようにじっと見そう」と木村くんが言っていたのは、
表情や目線などを研究しようということなのか。
木村くんも凝り性だから、やるとなったら徹底してやりそう。
肩のラインを片方だけ下げて、真剣にカメラ目線してライトを浴びてる木村くんが、妙に色っぽかった。
「一番すごい」「中居くんにしか見えない」と剛くんやメンバーに感心されて、
「そう思う?」と剛くんを見る木村くんの顔がどことなく嬉しそうだったよね。

妖怪体操を、Pちゃんではなく普通の木村くんが踊っててかわいかった。
二回目にして、かなり慣れた感じでみんなと踊ってるのが見てて楽しい♪

ひざ

Posted by ころーにゅ on 28.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
木村くんがざわちんのメイクで中居くんに!
というのを楽しみに見た昨夜のスマスマ。
とても楽しかった~!!
メイクを見る前に、膝小僧だけ丸出しの木村さんに激萌え。
すみません。
木村さんの膝が(膝も)大好きなんです。
上腕のたくましさとはうらはらな、膝頭の小ささがたまらない…
脚ほそいんですよね、木村さん。
メイク中、「あいつに気づかれないようにじっと見ちゃいそうだ」みたいなことを言ってましたね、木村さん。

ビスロトゲストのセカオワが、大学受験の失敗や病気入院などの挫折から「世界の終わりから始めよう」と思ってグループ名をつけたという話とか、聞き応えがありました。
ダンスのターンをアドバイスする木村さんのターンがほんときれいだったなー

帽子を被ってるのは

Posted by ころーにゅ on 27.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
今回のベビスマはゲストのJUJUとのトーク。
「帽子率高いよね」と中居くんが言い出して。
「(帽子・フードをかぶる気持ちが)わかる」とゴローちゃん。
木村くんは「スマスマの照明スタッフが、いかにJUJUに当てるか頑張ってる」と、
スタッフに目が行く木村くんらしい発言してました。
「売れたい」と「顔を見られたくない」の矛盾。
慎吾くんが顔を隠したいと言う中居くんに「もうやめちまえ!」といってオチつけてた。

木村くん、痩せたままでビジュいいわー
前回のベビスマはマルーン5とのトークで、風邪ひいて鼻声の時の収録だったけど
鼻声さえもセクシーだった。
今夜のスマスマはいつの収録だろう?
木村くんがざわちんのメークで中居くんになるのが、楽しみ♪

ロイド

Posted by ころーにゅ on 26.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
暑くもなく、寒くもない夜。
静かな住宅街の、ゴミ一つ落ちていない道を歩く。
これも一つの幸い、だよね。
少し疲れてるけど。

日本て良い国だなと思いながら歩いてる。
歩いてるのは自分ひとり。
あまりに静かなせいか、ロイドキューブのことが頭に浮かんできた。
海の底って…静かなはず。
なぜロイドキューブは百年もの間、海の底で海水の浸食と水圧に耐えなければならないのか?
…それは百年経っても変わらない想いがあることを証明するため。
透きとおって青い、きれいなロイドキューブ。
でも深海の底ではきれいな青色であることも意味をなさない。
それは、海水から引き上げられて、光を受けてこそ美しい。
「安堂ロイド」の最終回、キューブはサプリの指に挟まれたままウージングアウトしていった。
その後、黎士の蘇るシーンがあり…
そして本当の最終シーン、「ARXⅡ-13のデータを読み込み、プリントアウトしますか?」というマシーンの問いかけに、
舌打ちして「YES」と答えた男の声。
あれは紛れもなくロイドの声だ。
ということは、キューブからデータを読み込まれ、プリントアウトされたARXⅡ-13の実体がどこかに存在しているということ。
それは、どこなのか?
ロイドは約束を守る。
ということは、安堂麻陽のすぐそばにいる、ということになる。
早く、姿を現してほしい。ロイドにまた会いたい。

Posted by ころーにゅ on 25.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
海の存在は、木村さんにとって大きいものなのね。
今思えば、ちょっと天狗になってた自分の鼻をへしおってくれたのが、海なんだという木村さん。
波乗りで、ボードから落ちるたんびに、そうとう悔しかった?
そればかりじゃなく、波に揉まれたのが苦しくもあり、爽快でもあったのかもしれない。
そして、何かに気づかされた。
人の言葉からじゃなく。

海もね、紫外線浴びっぱなしじゃないといいんだけど…

高校進学の時点で、初めの志望校は芸能活動に厳しいから違う高校を選んだと言う話、初めて聞きました。
木村さんだったら、どんな道を選んでもその分野で大成していたんじゃないかな。
でも、芸能界に入ってからの出会いによって、一流のありかたに気づいたということもあるかも。

SMAPライブで、4、5歳の子がまっすぐな目を向けてくるのが目に入ると、
「手を抜いていられないな」と思う木村さん。
なんてまじめ。
リスナーで70歳の北海道のジュンさんのような方が客席にいたら、
「人生の大先輩なんだ」ということで、くっと姿勢をただして「あざーっす」って礼をするという。
でも、ジュンさんは、礼されるのも嬉しいかもしれないけど、バキューンって撃ち抜かれたり、投げチュされるほうが、もっと嬉しいと思うよ。ライブなんだし。

いいアイディアはよくアウトドアでひらめく

Posted by ころーにゅ on 23.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
TOYOTAカローラの新しいCM。
テーマはハイブリッド。
仕事と遊びのハイブリッドって何?
に対する答えが
「僕はカローラでオンとオフをハイブリッドする」という木村市長のセリフなのか。
さっと車から降りて、遊び道具選んで、
「今日はコレ」ってバスケのボール選んで、
ネットに向かってシュート、ゴール!
この流れ、スムーズでかっこいいわー
車を降りた一瞬の、喉仏の見える首まで精悍でセクシー。
コットンの白シャツ、デニムのパンツにインしてるのにこんなにかっこいい。
後ろ姿も、真面目系のセリフのさりげなさと説得力も半端なくカッコイイ!!
そうよね、身体動かして楽しんでるときに、仕事のアイディアもひらめくよね、と、つい納得してしまうわ。

タクちゃんめっちゃカッコイイ!by織田信成

Posted by ころーにゅ on 21.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
木村さんて、顔相占いの岡井浄幸先生のことけっこう好きですよね~
先生の前髪のウェーブを
「今日もすげーうねりっすね♪」と、指摘してごきげんな木村さん。
「…シュパーン!」と波のうねりを身体まで使って表現してた。
先生お得意の「異常に」という言葉もチェック。
声フェチな面のある木村さん。岡井先生の声も気に入ってるんじゃないかなー
やさしくて説得力がある話し方も。
「おたふく顔」とか「目が異常にちっちゃい」とか、けっこうひどい言葉も挟みつつ、
「何においても大成功する」とか「大器晩成」とかいう言葉をお世辞に聞こえないように話すのが、さすが。
鈴木明子さんと織田信成さんをとっても良い気持ちにしてる。
「これに気をつけよう」「これから頑張ろう」という気持ちにしてくれるプロなんだ。
ビストロで「中華風お雑煮」で勝利して、織田くんにキスされるとき、よけないでちゃんと立ってるのに、よけ気味な気持ちが出てしまって、
された後も「おかしいよ~これ」と騒いでる赤シェフたっくんがかわいかった。

ゲスの極み乙女。ってインパクトのある名前だな~
斜め後ろ姿を見せてフレームインしてくる木村さんがかっこいい。
ドラムの女の子にロックオンしてて後ろ姿を見せてるのもよかったな。黒レザーのトップスをまさに「着こなし」てるよね。

マルーン5と

Posted by ころーにゅ on 20.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
先週のスマスマ、ちゃんと見られなくて、録画したのを昨日見ました。
MAROON5とSMAPのコラボ、
どうなるのか!?と思っていたら、SMAPの歌参加は控えめで良い感じw
最高の萌えポイントは一瞬の木村さんの表情でした。
1曲目の「Payphone」でボーカルのアダムが歌い始めて、下で踊るSMAPのメンバーのショットが挟まれるとこ。
一瞬カメラ目線になった拓哉が、すぐ視線を外してはにかみ一歩手前の表情を見せる。
ここ、最高。

MAROON5のボーカルのアダムは、曲も書いてるしギターも弾けるんですね~
それにしてもいい声の持ち主だ。
高音でセクシーで、繊細な表現もできる。もてるはずだわ。

ビストロゲストの竹野内豊さんとの20年前の共演話をするゴローちゃんに、
「売れる前に天狗ってすごいね」と突っ込む木村さんが楽しい。
「東京大学物語」の撮影現場にオープンカー(イタリア車・赤)で通い、帰る竹野内さんを送ったりしていたゴローさん。いーわー。
その車に、木村くんも乗せてたよね、ゴローちゃん。

ひつまぶしを「ひつま」という木村さんと
フランス・シャラン産の鴨が印象に残りました。

ゆうべはとにかく、MAROON5の1曲目のカメラ目線はずしの木村さんに撃ち抜かれました。

人外の血が?

Posted by ころーにゅ on 19.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
毎年楽しみなお正月の「さんタク」。
そろそろ企画も出て、撮影も始まる時期か?
わっつでも、
軽い人間ドックの企画が出たけど、「あかん、あかん」てさんまさんが一蹴した、
なんて話が出てた。
「さんまさんは、一度もお医者さんに診てもらったことがないそうだ」と話す木村さん。
さんまさんはそんな寝てないし、元気過ぎる。
その超人ぶりに、なんか人間以外の血が入ってるんじゃないかと最近は思ってる。
河童とか、ドラキュラとかw
と、おっしゃる木村さん。
それ言ったら、木村さんもライブの時のスタミナとか、パフォーマンスの充実度とか、超人レベルでしょうに。
マラソンは苦手、と言いつつ、3時間超えても、キラキラしてる。
それどころか、キラキラ度が増してくるから怖いわ。
ファンの熱狂エネルギーを吸い取ってる、ある意味ドラキュラ体質なのかもね。

わっつ 10月17日

Posted by ころーにゅ on 18.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
今日のわっつ冒頭はさんまさんの話。
「さんまさんは木村さんのことが大好きですねぇ。」とリスナーに言われて、
「テレビをザッピングしててさんまさんが出てると見ちゃう。オレもそうとう好きなのかな?」と笑う木村さんが、「やっぱタイプなんですよね。」と言うからドキっとさせられてしまう。
さんまさんの「お笑い」が、木村さんにとって「すごくタイプ」なのだそうです。
「面白さが上品というか…」って。
前にも、さんまさんのお笑いが上品って言ってたなぁ。
確か、お笑いの現場での、人との接し方も含めて言っていたような気がする…

スマスマで、「さゆりちゃん」という自作の曲を吉永小百合さんに弾き語る剛くんに、
「ボクにはない勇気を目の当たりにした」し、吉永さんの人としての器の大きさを感じた木村さん。
「ドラマとか映画とかで吉永さんと共演できたら…」と言っていた。
希望を口に出すのも大事ですよね!

今日のわっつのキーワードは、木村さんが今まで出したことのない種類の「勇気」だった。
そんな勇気もあるのね。
草彅さんに感じた「ボクにはない勇気」と
コラボ弁当の置いてあるセブン(「イレブンも忘れずに」)に入って店員さんと接する勇気。
木村さんの好きなガムがあって、それはセブンでしか売ってない。
入口にSMAP5人が威圧するかのように並んでるポスターがある、この時期のセブン。
入るのは勇気がいる。
でも、店員さんとのメンタル面での攻防を語るうちに、
コラボ弁当を扱ってくれる店員さんも身内のスタッフと思い、
「同志」的な、「お疲れさまっす!」というノリで行けばいいんですね!
という戦法を思いつき、勇気が出た木村さんでした。
海上がりには、中居くんの「どーんと大きなチーズ焼きつくね」がはまるだろうと思うそうです。

Posted by ころーにゅ on 16.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
木村さんが言ってた「芝居は無限に自由」って
「無段階チューニング」と関係あるのか?
チャンネルを切り替えるのではなく、無段階にチューニングするという話。
普通の人には針の穴を通すように感じられることが、木村さんには自分より大きな穴を通るくらいに感じられるとか?

Posted by ころーにゅ on 15.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
スマスマで、先週おさまりきらなかった映像というのを見たら、
男性陣が柴咲さんの嗜好を当てるコーナーがあった。
結果は木村さんが圧勝。
「ミスしても一晩寝たら忘れる」というの、自信をもって「YES」を選んでた。
柴咲コウちゃんもとても嬉しそうだった。
さすがです…
早く麻陽ちゃんに会いたいな。

ARXⅡ-13もね、どうしているのか…
初登場時の戦闘服姿、ほんと萌えた。
いたましさもあったけど。
あの存在感が見事。
気負ったところはないのに迫力ありすぎなほど。
画面の雰囲気もよかったのです。
謎めいたところがたまらない…

ロイドが生まれて1年

Posted by ころーにゅ on 14.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
ロイドが生まれて13日で1年か…
白い羽根がロイドの胸に降り積もるファーストシーンですでに惚れてたなぁ。
公園の緑の中で、あんなにも美しいアンドロイドを見たし。
ロイドの愛。せつないよね。

寡黙で強くてもろいとこがあって。
非情な殺し屋だったはずが、気づけばけなげなヤツだった。
しかも、言うことやることに説得力があって…
男の魅力を存分にみせてくれた。
ロイドスーツ、萌えるわ…

Posted by ころーにゅ on 12.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
木村拓哉の目は茶目です。
光に透けて、琥珀のように見えるときがあるんですよね~
きれい…
白目も、以前、青みがかったほどに白くてビックリしたことがありました。
美しい目です。
そして強い目。表情豊かで…
テレビドラマの出世作「あすなろ白書」ではあまりの目力の強さに主役をくってしまうことが心配され、急遽ダテメガネをかけることになったとか。

いつもまぶしいライトに照らされてるのに、裸眼の視力もいいようで、
ドームでのライブでも、スタンドの最後列まで見えてるそうです。

なんといってもすばらしいのは、その動きと醸し出す雰囲気。
あるときは繊細さ、またあるときは意志の強さ、茶目っ気、翳り、自由自在。
木村さんが、「(表現の制約において、)歌と比較したら、芝居は無限に自由」だと言っていたその意味を分かりたいのですが、目の表現力ひとつとっても、無尽蔵な豊かさを感じることは確かです。
「ロイド」でカラーコンタクトを入れたままずっと瞬きもしないでいたり、
「自分に黎士的要素はいっさいない」と言いながら黎士的な優しさで微笑んだり。
とてもチャーミングで人たらしだったり、
イッちゃってたりもする。
由起夫を見て、本当にすごい、と思ったんだよね。目の動きが。
元ちゃんのまぶしそうな瞳、
横目で南を見る瀬名くん、
Shitaoの瞳も忘れられない…

わっつ 10月10日

Posted by ころーにゅ on 11.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
木村さんどうした?ってくらいテンション高かったゆうべのわっつ。
「木村さんて、地上波のAV男優やんなぁ」とスマ友に言われたなんて書いてあるメール、読んでしまっていいんでしょうか?
高校生まで「もっとやって」とメール送ってくるなんて、
スマスマの昼顔コント、ずいぶん話題になってるんですね…
いや~あれ、確かにすごいけどね。
変なかつらを見ないようにして木村さんの目、首すじ、口元などに注目してリピしてしまうけどね。
流し目から、相手をくっと見つめる目の動きがすごいのよ。

あれをお膳立てしたのは木村さんが「タブー」と呼んでるディレクターさんですか。
名字は岡田さん。
岡田D、これからも期待してます。
木村さんいわく、ノリの良いリリコさん相手だとガンガン行けた、と。
なるほど~
「地上波のAV男優」と自分で言ってみて笑いながら、たまらん!って感じになる、その笑い方がかわいかった。
木村さんかわいい…たまらんw
ご本人が「ちょっとした褒め言葉として受け取ってよろしんですかね、これは。」と言ってる心の余裕がさすがだ…
この時の声も渋くてすてきだったなぁ。

あと、SMAPの会報を読んで気になっていた、城西支部のメンバーが木村さんの自宅に来た件を話してくれました。
食事会の後、「デジタルじゃなく、面白いカードゲームあるんだよ」ということで、
「なんならウチでやる!?」って、自宅にみんなを呼んだんだって。
夜中の1時すぎに濱田がっくんは帰ったけど、みんな3時半くらいまで、
ワイン飲みながらカードゲームやって(北川さんはこの日は欠席)。
角野卓造さんが自分ちのリビングにいてくれてるスペシャル感がすごかったから、
会報向けのインタビューで答えさせてもらった、と。
やっしーはじめ、杉本哲太さん、吉田羊ちゃん、、など、みんな。勝矢さんも。
いろんな話して。帰るみんなを送って。

送ったあと、みんなの使ったグラス集めながら、ふと、
「あ、さみしい」
と気づいた。

「今度から気をつけよう」と思うくらいのさびしさに襲われたんだね…
聞いててすっごくわかる気がした。

チャーハン

Posted by ころーにゅ on 10.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
ビストロSMAP×セブンのコラボ企画で、
中華鍋を振る木村さんがあまりにも手慣れていてかっこよかった~!!
木村さんのチャーハンがやっと買えました。
エビチリの海老が大きくて、二種類の豆板醤を使ったという麻婆豆腐も風味豊かで、おいしかった!!
チャーハンもふわふわ卵がやさしい味で、
全体にコクのあるおいしい味付けでした。
「子どもでも食べられる辛さ」と、
どっきり試食でおっしゃっていた女性がいて、
「狙いをわかってくれて、ナイスコメント」みたいに木村さんが言ってたけど、
まさにそのとおり。
はじめ、「エビチリと麻婆豆腐」と聞いて、かなり辛いかな、と心配しましたが、
さすが辛さに敏感な木村さん、
よく吟味してくれたようで、よかった。
辛いの苦手で、猫舌な木村さん。
舌も敏感なんですね…

妖怪体操

Posted by ころーにゅ on 09.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
スマスマで、ジャンクション代わりにPちゃんが妖怪体操してた。
すっごくキレがいい。
オチが、「今何時~?」に答えて「田中要次~」。
で、HEROのバーのマスターが「あるよ」って。
そいえば、スマスマのジャンクション、なくなったな~

Pちゃんのキレのいい体操、いつ収録したんだろう?
「信長協奏曲」のメンバーとフィーリングカップルの収録の時は、風邪をひいて怠そうだった。
おとなしめの木村さんも、それはそれで魅力あったけど。
「負けず嫌い」と
「しないでできないとは言いたくない」という発言が、
客席からも全面的に納得されてたね。
中居くんがとてもはりきっていたのと、
山田くんの「山ログ」と「全力で遊ぶのが男らしい」というのが印象的だった。
木村くんも「キュートな人とは?」という話の中で、「全力で遊ぶ人」と言ってたよね。
フィーリングカップルでの中居くんのはりきりようを見て、
木村くんの体調、よくないんだろうな~と思ってしまった。
HEROが終わって、気が抜けた状態になったのか?
本人は風邪ひくつもりはないだろうけど、どうしようもないんだろうな。
「役を生きる」人の宿命みたいなもの?
身体を大事にしてほしい。

吉永小百合さん

Posted by ころーにゅ on 07.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
吉永小百合さんの出演映画、117本。
すごいなぁ。
木村さんがプレゼントした浮力5倍の水着、実際に着てもらえそう。
脚を広げず、お行儀よく座ってる木村さん。
「武士の一分」での山田監督とのことを尋ねられて神妙に答えてましたね。
「武士」もすばらしかったけど、敢えて木村拓哉の目力を封印した映画だった。
目ももちろん、全身のしなやかさも、繊細な表情の芝居の魅力もすべて生かした映画に出てほしい!

鼻声であまり体調よくなさそうなフィーリングカップルでも、モテ男くんたちからモテモテの木村さん。
向井くんの「晴れ男」に仲間意識をもったのか~

第22回がんばった大賞

Posted by ころーにゅ on 06.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
HEROの最終回の日に、がんばった大賞も放送されたのよね~
もう1回見てみたら、やっぱり楽しかった!
共演者がいつも「木村さんはNG出さない」とおっしゃるとおり、
ほんと木村さんのNGないね。
それは…NG出せないという責任感からなのか。
普段は、たまに滑舌悪くてかわいいんだけど、セリフだとテストでも本番でもかまない。
久利生さんは滑舌悪くないからってこと?
そこまで完璧に久利生公平なのか。
字幕で文字を見ながら聞いてると、みなさん難しいセリフをすごい速さで言ってるな~
1カットが長いと、NG出せないというプレッシャーも大変なものだろう。
セリフって、掛け合いが多いから、言えればいいってもんでもないし。
そんな緊張感あふれる現場のことを、「芝居は無限に自由」と、「歌」と対比して語っていた木村さん。
「これしかない」という狭いゾーンを狙って芝居してるはずなのに。
もっと芝居についての木村さんの考えを聞きたいな~

それにしても、ワイプの木村さんがかわいい。
沢村一樹さんがセリフ間違えたのに続けようとしたときのツッコミが速かった。
中井貴一さんとか、敬愛する役者さんの演技を見つつ、
NGに大受けしたり、
「最後から二番目の恋」の「オジサーン」「オバサーン」の掛け合いに「最高だよコレ」と言ったり。
普段から熱心に番組を観てるんだろうな。

続き

Posted by ころーにゅ on 05.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
わっつの感想のつづき。
リスナーからのメールによると、
吉田羊さんが「ごきげんよう」でHERO最終回の撮影話をしたそうです。
台本が届いたのは27時間テレビの2、3日前で、27時間テレビの翌日から撮影だったと。
うわ~
なんて無茶なスケジュール。
しかも法廷シーンのセリフは質・量ともに半端ない。
木村さん自身は、27時間テレビのノンストップライブの会場の駐車場の車の中でセリフを「入れてた」と話してました。
そんな木村さんのスケジュールに鈴木雅之監督も危機感を覚えたらしく、軽くリハやろうと言ってくれて、
カメラマンのマスイさんも久利生の動きを見たいからとつきあってくれた。
それが27時間テレビの前日のこと。
それで安心できたから、27時間テレビにも集中できたそうです。

…これって、なんか「よかった」風の展開になってるけど、
木村さんの役者としての人生、茨道すぎるよね。

この日のわっつは、後半、いいメールが読まれてたのが救いだったなぁ。
一番よかったのは、
鍋島次席と久利生の絆が生かされた話。
木村さんいわく「鈴木監督と僕しか知らない」演出にリスナーが気づいてくれたのです。
法廷シーンで、国分(井上順)にはぐらかされて行き詰まった久利生が、
窓から空をふっと見上げることによって、
空から見守ってくれているだろう鍋島さんのことを思って、心の力を得て、
裁判員の方々に話しかける、という行動を起こした。

実は、裁判所に向かう前に鍋島さんのお墓に詣でた久利生を、
空から見たアングルで撮ってたそうです。

そうだったのか!
その意図に気づいてもらえたことに感激して、心から感謝している木村さん。
「こうやって(見る人が)受け取ってくださるかもしれない、という可能性にかけてワンカット、ワンカットやってる」という木村さんの言葉に、じーんとしたわっつでした。

わっつ 10月3日

Posted by ころーにゅ on 04.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
10月3日は何の日だったのかな~と思って調べてみたら、
・東西ドイツ統一の記念日
・登山の日・山の日
でした。
おはスマで、木村さんは登山がらみの話をしてくれてたのかもしれません。
それが、番組側の配慮によりカットになったのか?
そんな風に想像してます。

一方、夜のわっつ。
こちらは番組名物の「あら探し」に「俺一人で立ち向かうの!?」という回。
「HERO一人反省会」でした。
「せめてやっしーとか呼んだら、すっごいしゃべってくれるよ?」と援護射撃のないことをぼやきつつも、「分かりました。はい。楽しんでいきます!」と元気そうな木村さんの声を聴けて、楽しかった。
特に木村さんの喉が鳴るひそかな音に萌えたわーー
「飲み物でも飲みながら(あら探しに)どう答えていいか考えましょう」と言って飲み物をゴックンする音が聞こえたんです。
そして答えたあら探しは「城西支部のメンバーが出勤時に同じエレベーターに乗る不自然さ」について。
これを、「お相撲さんのまわし」に近いと言うのが面白い!
そこはさ、「なんで?」と突っ込むとこじゃないでしょ、と。

この日記つづくw

おはスマ、ひとこと話がなかった…

Posted by ころーにゅ on 03.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
今朝のおはスマ。
曲は木村さんの声が聞けて嬉しい「MISTAKE!」だったんですが、
「今日誕生日のみなさん、おめでとうございます。」というハピバコールと、
今日の天気で終わり。
あとは中西さんからSMAPコンサートの告知のみ。
ショック…
こんなこともあるんですね。
しかも中西さん、「最低で最低のコンサートツアー」ってw
確かにいきなり言うと間違いやすそうですけどね…

今、コンサートツアーは中休み期間ですけど、
SMAPのライブが続くとメンバー同士の距離が近くて楽しい。
この間の「がんばった大賞」でも、剛くんと木村くんのノリがよくて面白かった。
オープニング、木村くんは「一言どうぞ」と振られていつもの「いや、あの…」じゃなくて、「アイ!」って手を上げてたし。
また、見ようかな~

おはスマ10月2日

Posted by ころーにゅ on 02.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
今日10月2日は豆腐の日。
あぁ、これは分かりますね、と木村さん。
スマスマのビストロでも、時々、豆腐を作っているそうです。
最初の頃は失敗もあって、
豆乳ににがりを入れる時、かき混ぜればかき混ぜるほどいいんだと思って、
やりすぎた、と。
一生懸命かき混ぜてたんだろうな~
納豆をかき混ぜる時も、気合い入ってそうですもんね、木村さんは。

豆腐も手作りとは、ビストロでの調理は本格的だわ~
木村さんのお薦めの一つは、
冷たくしたお豆腐に刻みキムチと少量のごま油をかける食べ方。
これはおいしそう!
やってみたいです。

コンサート脳

Posted by ころーにゅ on 01.2014 木村拓哉   0 comments   0 trackback
SMAPライブも一区切りついて、
今、木村さんはどんな生活かな?
コンサートをやり遂げる脳は、いろんな段取りでいっぱいだろうな。
一方で、役者としても他の人にはない存在感をもっている木村さん。
思えば、世界に二人といない仕事ぶりの人。
でも、孤高な感じは薄い。
仕事仲間とか、海の仲間とか、大事にしてるし。
オープンマインドで。
なじみのお寿司屋の大将が、いいタイミングで納豆巻きとアサリの味噌汁を出してくれる、とおはスマで聞いて、ほっこりしました。

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR