FC2ブログ
Loading…

「PRICELESS」がよかった。

Posted by ころーにゅ on 31.2012 木村拓哉   0 comments   0 trackback
年末、やらなきゃいけないこともせず、テレビ(録画番組)を見てしまいました。

でも、おかげで元気が出たよ〜←ダメな人の例
木村拓哉・中井貴一・香里奈の「PRICELESS」がよかった。

見てた方、いらっしゃいますか

ストーリーは荒唐無稽なんですが、殺人もなく、医療ものでもなく
楽しくてあったかいドラマでした。
もっと見たかったな〜
特に上記の三人の掛け合いが楽しかった。

あるテレビ雑誌で、中井貴一さんが木村くんのことに関してこんなふうに語ってたんです。

「僕はわりと人が背負っているものや、奥にあるものを感じるほうで、
そこに相対して芝居をしようといつも心がけているんです。
役者って芝居をしてる時は役に集中してるから、
素を隠せないんですよ。
で、その芝居の時に丸出しになっている相手の素を割と感じてしまうほうなんです。」

すごい。
何がすごいって、素がさらけ出されるほど役に集中してる役者と、
芝居中にそれを感じとる中井貴一が。

中井さんが感じた木村くんの素には、周囲の期待という重圧や恐怖心や挫折感に負けそうになりながらも「ひるまない」心があったそうです。
「HERO」での共演も信頼感を生んでいるようで。
そんな中井さんが木村くんが演じる金田一さんのために
監督さんに内容を提案したシーンがあったと知りました。
オンエアのときに「いいな〜」と思ったシーンだったので
余計にうれしかったです。

6億円

Posted by ころーにゅ on 30.2012 木村拓哉   0 comments   0 trackback
宝くじのCM。(2012年12月にオンエア)
木村くんが手筒(てづつ)花火を抱えている、派手な画像のCMです。
「ロックン ろっくおくー(6億)~♪」という歌と
「ど派手にいこーぜ!」という木村くんの声が印象的。

あの画像が、本物の花火師の方(の一部)に感謝されているそうです。
「手筒花火」がどんなものか、説明するときに助かるんだって。
それまでは、説明しても、聞いた人にはいまひとつピンとこなかったけど、
あのCMのおかげで、一発で「すごい」と分かってもらえるとか。
ほんと、迫力が半端ないです。
花火師の方々も、あのような画像をつくれたらいいな、とは思っていたそうですが。
きっと、予算の問題があったんでしょうね。
さすが、宝くじ協会は違うわ。

「6億円当たったら、どうしますか?」と聞かれた中居くんが
「食べ物とか、いつもよりほんのちょっと豪華にする」と答えていた。
中居くんの年収からしたら(って実際いくらかは知らないけど)、
「6億」と考えても、そんなにドキドキしないんだろうな~
すごいね。

プロフィール

ころーにゅ

Author:ころーにゅ
木村拓哉さんのファンです。
テレビドラマも映画も堪能したい。
木村さんファンと話したいです。
commentsのところをクリックしてください。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR